水筒はどうやって洗えばいいの?

水筒を洗う時に気をつけること

スポーツドリンク専用のスクイーズボトルなどはプラスチック素材のため、洗浄にはそれほど気を遣うことはありません。

しかし、真空断熱魔法瓶タイプのものは内部がデリケートなステンレスのため、洗浄には気を遣う必要があります。

まず、内部に傷をつけるような洗い方はいけません。
内部表面はステンレスですが保冷保温効果を高めるために銅も使われています。
ステンレスに傷がつくと銅の部分が溶け出して中身に混ざってしまいます。これを知らずに飲んでしまうと中毒症状が起きる可能性が高まるでしょう。

ですから、金たわしやステンレスたわしでごしごし洗うことは危険です。容器の奥まで届く柔らかいスポンジを使うのがベストでしょう。

100円ショップ等で販売しているポット冷水筒洗いブラシの場合、金属部分があるのであまり強く押しつけると内部ステンレスに傷がつくので注意してください。

オススメとしては内部を傷つけにくいこのタイプです。

洗剤などでつけ置き洗いという手もありますが、ステンレス部分のつけ置きは腐食する原因にもなりかねないので、蓋部分のゴムパッキンのみにしておきましょう。
今流行の重曹でも水筒内部のステンレス部分には危険です。

どうしても水筒内部を除菌洗浄したいというのであれば、専用の洗剤を使う手もあります。

過炭酸ナトリウム(酵素系)と界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウム)を使っているので重曹よりも中性に近い弱アルカリ性の洗剤です。

そして、一番重要な事はしっかりと乾燥させることです。

残った水分から雑菌が繁殖しますので、完全に乾いてから新しい飲み物を入れるようにしましょう。


コメントは停止中です。