水筒に水以外を入れても大丈夫なの?

スポーツドリンク等の塩分を含んだものを入れると、ステンレスが腐食する原因となります。
また、酸性度の高い飲み物(乳酸菌飲料やスポーツドリンク等)を長時間入れておくと、容器内部の傷や付着物が原因で銅が溶け出し、中毒症状(吐き気や下痢)を起こす可能性もあります。
カフェオレや野菜ジュースなどは時間が経つとガスが発生し、内部に充満すれば蓋を開けるときに中栓が飛んだり、中身が飛び散る危険性もあります。

水筒に入れるのを避ける飲み物として

・酸性度の高い飲み物
オレンジジュース、乳酸菌飲料、スポーツドリンク

・塩分を多く含む物※
スポーツドリンク、味噌汁、スープ類

・ガスが発生しやすいもの
カフェオレなどの乳製品、野菜ジュースなど果肉の多いもの

※スポーツドリンクなどは上記に考慮した専用ボトルもありますので、こちらをお使いになるのが安全です。


 

※下の写真は楽天市場へのリンクです

内部構造に銅が使用されていないようです。そのかわり断熱加工が従来の物とは違うため保冷保温効果が薄くなっていますが。


 

こちらは保冷/保温機能ありのステンレスボトルですが、内部にテフロンのフッ素樹脂を施されています。塩分の強いスポーツドリンクやコーヒー、お茶にも最適です。


スポンサーリンク



One Response to 水筒に水以外を入れても大丈夫なの?

  1. ピンバック:世界初!テフロン加工の水筒 テフロン ダイレクトボトル - 水筒専科