ペットボトルを水筒がわりに使ってはいけないの?

「水筒なんてわざわざ買わなくてもペットボトルはもともと飲み物が入ってる容器だし、洗って使えば問題ないでしょ?」なんて考えの方もいるかもしれませんが、

ペットボトルを水筒代わりに使うのは危険です。

ペットボトルはステンレスボトルに比べて雑菌が繁殖しやすいのです。
口元の蓋のねじ切りの部分や底の部分は構造上凸凹になっており汚れが溜まりやすく落ちにくいでしょう。さらに、内部は洗えば容易に傷がついて、そこにもまた汚れが溜まる……。
もともと保存料の入っている飲み物のため、密閉以外での保存は考えられていません。
そもそも洗って再利用することを想定されていないのです。
ペットボトルを飲む女性

ペットボトルの内部にはコーティング剤が塗布されている場合があります。これらは洗浄を繰り返すことにより剥がれてしまいます。
もちろん、少量では人体には影響はないのでしょうが、繰り返し洗ってそのたびに剥がれて飲み物に混ざりそのまま飲んでしまうという事になると、まったく影響がないとは言い切れません。

コーティング剤がなくても、ペットボトルの素材から発がん性物質の可能性が高いとされるDEHP(フタル酸ジエチルヘキシル)というのが溶け出してきます。
今のところ健康問題を引き起こした事例はありませんが、あくまで「今のところ」です。


コメントは停止中です。