【防災特集1】防災のために水筒を揃えよう! 災害時に役立つ水の確保

明日は防災の日。

全国で防災訓練などが行われるでしょう。

非常持出袋

各家庭でも、備蓄してある非常食や防災用品を点検した方がよいかと思われます。

そして、何度も大震災を経験している日本では、災害時に水の重要性を知らない人はいないでしょう。

当サイトでは、「水筒」という視点から防災用品について考えていきたいと思います。

人間が生活するには水が必要です。それは災害時も変わりません。普段から大量に貯水できてればいいのですが、一般家庭ではスペースの問題からそれは難しいでしょう。

使わない物であれば邪魔になってしまいます。

そこで逆転の発想です。普段から使うものであればそうそう気になるものではありません。

まず、風呂に水を貯めておく、これは良く聞く話ですね。飲み水ではなく生活用水であれば問題ないでしょう。

では、飲み水は?

そんな時に便利なのが「ウォーターサーバー」です。会社に置いてある場合も多いではないでしょうか。

普段から飲み水として使っていれば邪魔にはなりません。

タンク一つで10~12リットルっていうものが主流ですね。それを予備が2セットから4セットくらいが置いてあるのですから、飲み水の量としては必要最低限の確保はできます。

ウォーターサーバーは過去記事で紹介していますので併せてどうぞ→ウォーターサーバーから水を注ごう/水筒に入れるオススメの飲みものは?

 

それでも足りない場合、風呂の水や雨水を使います。ただし、飲み水にするには浄水器が必要でしょう。

その場合は「ポット型浄水器」を使えば、飲み水の確保が簡単です。

 

ただ、風呂の水や、雨水を溜められるのなら比較的綺麗な水なので浄水にも難はないのですが、災害時の状況が過酷な場合もあります。

泥水など汚染された水ではうまく濾過できないでしょう。

そういう事態を想定して、サバイバル仕様の水筒を用意してはいかがですか?

そんな過酷な状況下、英国海軍採用のセシウム対応携帯浄水ボトル「セイシェル」は力強い味方になります。

詳しい説明は過去記事のこちらをどうぞ→サバイバル水筒で遭難や災害から生き残る! サバイバルプラス携帯浄水ボトル

 

災害からある程度たち、給水車などがくるようになればひとまず安心です。手持ちのタンクや水筒などを持っていきましょう。タンクは蛇口が付いている物を選びましょう。使い勝手がまったく違います。

車や自転車などを使えればいいのですが、災害時はそれも無理な場合もあります。かといって重いタンクを持って歩いて行くのは大変でしょう。

そういうときは、台車を使えばいいのです。無ければ一つぐらい家に置いておいてもいい代物でしょう。災害時以外でも役に立つことはあるはずです。

タンク自体に車がついているのもあります。


タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントは停止中です。