汗をかくときはスポーツドリンク/水筒に入れるオススメの飲み物は?(その5)

スポーツイメージ暑い時期にスポーツをする人や屋外で仕事をする人はかなり汗をかきますよね。
そんな人には水分補給は欠かせません。
現代においてはスポーツドリンクという医学的にも優れた飲み物があります。
種類も豊富で好みや予算に合わせて選ぶのがいいでしょう。

 

 

でも、あなたの水筒はスポーツドリンクに対応していますか?

スポーツドリンクは塩分が多いので、金属製ボトルなどは内部が腐食する原因となります。また、酸性度も高いので長時間入れておくと容器内部から銅が溶け出し、中毒症状(吐き気や下痢)を起こす可能性が出てくるでしょう。→参照:水筒、やかんなど、金属製の容器の使用方法にご注意ください!/東京都の食品安全情報サイト

今回はオススメの飲み物はスポーツドリンクですが、それを入れる水筒についての紹介です。

なにしろ塩分が多くて酸性度も高いスポーツドリンクなので、対応できる水筒は限られてきます。

スクイズボトル

スポーツ選手はスクイズボトルと呼ばれる専用のプラスティック素材でできたものをよく使っていますね。

オススメはナイキとのコラボ品であるサーモス ナイキ スクイーズボトル。本体素材にポリエチレンを使用してるので、腐食することも銅が溶け出すなんて心配もありません。
形も考えられて作られているので、にぎりやすく、一定量をすばやく体内に放り込んでくれる優れた構造になっています。

ただし、保冷機能はありませんのでご注意を。

特殊コーティングのステンレスボトル

どうしても冷たさを保ちたいというのであれば、価格は高くなりますが特殊コーティングをしたステンレスボトルがあります。

象印マホービンのステンレスマグ TUFF/SM-XS55は本体内部のステンレスに2層のフッ素コートを施したもので塩分が直接触れにくく錆びに強い構造になっています。
しかもステンレス真空2重魔法瓶構造なので、飲み物の温度を長時間キープ。

 

上記より多めに入るSD-AM10-AE。こちらはミズノとのコラボレーション品です。

下記は部活や野外での活動などで大量にスポーツドリンクを飲む人向けの象印SD-BA20。2.0l入るので、十分でしょう。

いずれも従来のステンレスボトルに比べて塩分に強いということなので、あまり長時間スポーツドリンク等を入れない方がいいでしょう。


タグ付けされた , , , , , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントは停止中です。