暑い時期にはカフェインレス珈琲を楽しむ/水筒に入れるオススメの飲みものは?(その4)

麦茶の記事でも書きましたが、暑い時期は体内の水分が失われがちです。

利尿作用のあるカフェインはなるべく摂らない方がいいでしょう。

でも、無性にアイスコーヒーが飲みたくなることはありませんか?

アイスコーヒー

そんな時には水筒(またはタンブラー)にデカフェ(カフェインの入っていない珈琲等)を入れましょう。

デカフェとは

デカフェ英語:Decaf、decaffeinatedの略)とは、本来カフェインを含んでいる飲食物からカフェインを取り除いたり、通常はカフェインを添加する飲食物にカフェインの添加を行わないことで、カフェインを含まなくなったもののことを指す。ディカフェカフェインレスカフェインフリーとも呼ぶ。 wikipediaより

■一般的なコーヒーのチェーン店でデカフェを頼む

例えばスターバックスコーヒータリーズコーヒーなどで注文時に「カフェインを抜いたコーヒーが飲みたい」と言えば銘柄は指定できませんが、カフェインレスのコーヒーを入れてくれます。

参考→「カフェイン抜き」をスターバックスで注文する方法/GIGAZINE

どちらの店も水筒(またはタンブラー)の持ち込みは可能です。中に入れてもらってテイクアウトがいいでしょう。

■自分の家でデカフェを入れる

・すでにパックされていて水筒にそのまま注げるタイプ

・ドリップするよりはお手軽なインスタントタイプ

・味にこだわりたい人はドリップタイプ

・さらに味わい深く 豆から挽くタイプ

イリー エスプレッソ豆(デカフェ) 250g【RCP】

イリー エスプレッソ豆(デカフェ) 250g【RCP】
価格:1,213円(税込、送料別)

・ネスプレッソで気軽に作れるタイプ

ただしマシンが必要なので本体を持っていない方はこちらをどうぞ

・コーヒー風なので初めからカフェインが入っていないタイプ

※たんぽぽコーヒー
名前にコーヒーと付いているが、コーヒー豆は使用しない。たんぽぽにはクロロゲン酸が含まれており、風味や飲み口はコーヒー豆で作ったコーヒーに近い。カフェインを含まず、不眠症患者や子供、妊娠・授乳期の女性でも飲用できる。また、二日酔いや肝臓、便秘に良いともいわれる。 Wikipediaより

・コーヒー以外を飲みたいときは紅茶のデカフェ

・その他のデカフェ飲料

※黒豆茶、ゴーヤ茶、そば茶、甜茶、杜仲茶などはカフェインがありません。もともと入っていないものなのでデカフェでの紹介は省かせていただきます。

■コーヒーなどを入れるのに最適な水筒(タンブラー)

最後にコーヒーなどを入れても色や匂い、茶渋が残りにくい水筒をオススメします。

タイガー魔法瓶のステンレス真空タンブラーはボトルの内面になめらかで光沢のあるスーパークリーン加工を施しているので、汚れもニオイもつきにくく、さっと洗うだけでいつも清潔に保てます。ただし、飲み口部分は丹念に洗わないとニオイが残る原因となりますのでご注意を。


タグ付けされた , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントは停止中です。