6つの効能、身体に優しい麦茶はいかが?/水筒に入れるオススメの飲みものは?(その3)

日本の夏といえば、昔から麦茶が愛飲されてきました。

麦茶イメージ

水ばかりでは飽きた人や、「お茶を持ってきたいけどガブガブ飲むからカフェインが心配」という方にはノンカフェインの麦茶はぴったりでしょう。

なにしろカフェインが含まれる飲み物は利尿作用が強く、夏場の水分補給には不向きなのです。

ちなみに麦茶には6つの効能があります。

  1. 麦茶に含まれるピラジン成分に血流を改善させる作用がある。これは農林水産省などの研究により、血液の流動性が高くなると判明しています。
  2. 生活習慣病などの予防効果も期待できます。これは麦茶に含まれるPクマル酸などのペルオキシナイトライト(パーオキシナイトライト:peroxynitrite:ONOO-)に対し、高い消去活性があることが静岡大学の研究で判明しています。生活習慣病だけではなく発がん性物質に対しても効果があるのです。
  3. 粘膜を保護、糖尿病の合併症防止、炎症を抑える作用などの機能があります。これは静岡大と京都薬科大との共同研究で、麦茶の抽出成分をテストして判明しました。胃の粘膜を守る働きもしてくれます。
  4. 原料の大麦は体を冷やす作用があります。ほてった体をさます効果は熱中症予防にはとても効果的なのでしょう。
  5. 麦茶にはバクテリアなどの微生物や菌類などの生成や固着を予防する働きがあるのです。このおかげで虫歯への予防効果が高いと言われています。とはいえ、飲めば虫歯にならないというわけではないので、普段の歯磨きも忘れないで下さい。
  6. 麦茶にはカフェインは含まれません。人間は年齢や身体の状態によってカフェインの摂取を控えた方が良い場合があります。さらに、年をとると身体の水分量は減ってしまうので、利尿作用のあるカフェインが含まれる飲み物はあまりよくありません。その点、麦茶はノンカフェインドリンクなので安心して飲むことができます。

以上が麦茶が身体に良いと言われることです。水筒の中身にはぴったりではありませんか?

今回は「手間がかからない」と「味にこだわる」の二点からそれぞれに合った麦茶を紹介したいと思います。

手間がかからない

麦茶というと、前日にヤカンで煮出してそれをピッチャーやポットに入れて冷蔵庫で冷やし、朝になったら冷えた麦茶を水筒に注ぐ……一手間かかるのはしょうがないことです。でも、それを毎日のように行うのは大変でしょう。

最近ですと「水出しタイプ」があるのでかなり手間は省略できます。でも、だからといって安いPB製品の中国産の麦茶とか買うのはあまり薦められませんね。

味の好みもあるので一概には言えませんが、個人的にははくばくの「水出しでおいしい麦茶」をオススメします。

国内産の六条大麦を使用しており、他の水出しタイプのように薄味ではなく、きちんと穀物本来の甘みと風味が引き出されています。

味にこだわる

多少の手間はかかってもいいから、良いものを飲みたい。そんな方には次の商品をオススメします。

はくばくの「丸粒麦茶」は香り・甘みを特徴とする2種類の六条大麦に最適な焙煎条件を設定することで、それぞれの特徴を最大に引き出したものです。パックには三角テトラ型を採用し、急須でも簡単に麦茶が楽しめるようになっています。
煮出し専用ということもあって、香りがよく、すっきりとした甘さが特長的です。スーパーなどでも比較的手に入りやすく、安売りされていたりもします。

 はくばく 丸粒麦茶 (30g×12袋)

 はくばく 丸粒麦茶 (30g×12袋)
価格:204円(税込、送料別)

ちょっと贅沢したいなというときには大井川茶園の国内産黒豆入りむぎ茶はいかがでしょうか?

業界初一貫生産工場を持ち、農林水産大臣賞も受賞した代物です。

他の物より価格が高くなってしまいますが、値段相応の美味しさはあります。

さらに味と香りにこだわりたいというのであれば、究極の麦茶「つぶまる」をオススメします。

国産の六条大麦を職人さんが石釜で二度煎っているので、その香りと甘みは桁違いでしょう。

メーカー:小川小川産業【つぶまる 麦茶】

メーカー:小川小川産業【つぶまる 麦茶】
価格:410円(税込、送料別)

これからの季節、水ではなく麦茶を入れておくと心身ともにリフレッシュできるのではないでしょうか。

ただし、麦茶は栄養分が豊富なので、使用後の洗浄はしっかり行いましょう。洗い残しがあると細菌が繁殖してしまい食中毒の原因となります。


タグ付けされた , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントは停止中です。