キムタク人気健在 そして過去のドラマで使われた水筒の紹介

月9ドラマ「HERO」が13年ぶりに連続ドラマ「HERO2」として復活しました。
第一話の視聴率は26.5%ですから、まだまだキムタク人気は健在ですね。

そんな木村拓哉が2012年の出演したドラマ『PRICELESS~あるわけねえだろ、んなもん~』(フジテレビ系)は、舞台が魔法瓶メーカーでした。

さらに2008年の「CHANGE」では水筒を愛用する総理大臣を演じていたのです。

ドラマ内の台詞でも

「会議で飲まないお茶を出すのはもったいない。飲みたい人は持参しましょう」

とマイボトルを薦めています。

このドラマのおかげで水筒の売上げがあがったとか、そういう噂を聞きますね。

ちなみにドラマ内での水筒はSUS(セブンセブン)のウルトラスリムボトル300(もしくは400)が使われていました。

change

シルバーでスマートなフォルムと内蓋の赤いポッチが特長的ですね。

そんなドラマ内で使われたほどの水筒ですがSUS(セブンセブン)ってあまり知られていないブランドではないでしょうか。

THERMOS、タイガー、象印など大手メーカーのように有名ではないかもしれませんが、新潟県燕市にある純国産メーカーです。

製造も国内でやっているので、安心のクオリティ。(関連としてこちらもご覧下さい→大手じゃないけど日本製だから安心 日本の水筒メーカーその1


タグ付けされた , , , , , , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントは停止中です。