この発想はなかった! フタに温度を表示する水筒

クラウドファンディングサービス「Indiegogo」に変わった水筒が登録されていました。
なんと、内部の水温をフタに表示することができるというものです。

「Seed」

名前は「Seed」。今回はこの水筒について紹介したいと思います。

温度表示と聞いて「なんの意味が?」と疑問に思った方も多いでしょう。
でも、よく考えてみると温度表示は必要です。

「Seed」

例えば冬の寒い時期、熱い飲み物を水筒に入れたとき。
コーヒーなどの淹れたてを注ぐのであれば、その温度は100℃近いはず。すぐに飲むには熱すぎて火傷をしてしまいますが、あまり放置しておくと冷めてしまい、せっかくの温かい飲み物が意味をなしません。

そんな時に温度表示があれば便利でしょう。火傷をしにくくぬるくもない最適な温度で飲み物を摂ることができます。

他にも、夏場なら飲み物の温度が上がりすぎると雑菌等が繁殖してしまう場合があります。その時にも温度は目安になるでしょう。

「Seed」

この水筒はキャップに搭載されたLEDが内部の水温を表示するというものですが、タッチパネルで各種の設定が可能です。

例えば飲み物が古くなった時にアラート表示をする。飲み物による火傷を防ぐためのアラート表示等々かゆいところに手が届く機能を備えています。

ボタン型電池で動作し、1~2年は使えるということらしいです。

 

「Seed」

スマートフォンと連携して、水分補給の履歴などをアプリで管理できる機能もあります。「Jawbone」「Fitbit」「Runkeeper」といったフィットネス用アプリ/デバイスやAppleの「HealthKit」にも対応する予定だそうです。

Indiegogoでの目標金額は2万ドルらしいので、興味のある方は投資してみてはいかがでしょうか?

Seed-The Smart Bottle That Never Forgets about You


スポンサーリンク





タグ付けされた , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントは停止中です。