世界初!テフロン加工の水筒 テフロン ダイレクトボトル

ドウシシャから新発売のテフロン ダイレクトボトルは世界初のテフロン加工の水筒と謳われています。

どうしてテフロン加工が強調されているのか? それはこれからの季節に関係してくるのです。

ほとんどの保冷/保温型のステンレスボトルは、その名の通り内部にステンレスが使用されています。

水などを入れる場合は問題ないのですが、塩分濃度の高いものを入れると内部が浸食されてしまうのです。

「塩分濃度の高いもの」と聞いて何を想像されるでしょうか?

そうです。スポーツドリンクは失われたミネラルを補充するためにナトリウムなどが含まれています。

この項目(→水筒に水以外を入れても大丈夫なの?)でも説明してあるのですが、水筒(特にステンレスボトル)に水以外のものを入れるのはオススメできません。

ステンレスが腐食する原因となるからです。

ドウシシャから発売されたステンレスボトルにはテフロンのフッ素樹脂を施されているので、塩分の強いスポーツドリンクやコーヒー、お茶に最適ということなのでしょう。

実はこのテフロン加工は業界初ということになるようですね。

大手メーカーのように名前の知られたメーカーではありませんが、技術大国である日本の会社でもあります。ホームセンターなどで低価格帯の水筒として見かけた方もいるかもしれません。

サイズは1リットルサイズで四種類、2リットルサイズで1種類が発売されました。

ステンレス腐食を気にしなくていいのが特長なので、部活などでスポーツドリンクを飲むことの多い子ども、趣味がスポーツという方にぴったりの水筒です。

 



タグ付けされた , , , , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントは停止中です。