冬コミでも脱水症状には気をつけよう! 水筒持参のススメ

クリスマスも終わり年末となって慌ただしくなってきました。
コミケに参加する方は、いっそう忙しい日々を過ごしているのではないでしょうか?

痛水筒(ラブライブ)

コミケを成功させる絶対条件といえば「体調管理」に他なりません。売る側にしたらいくら締切に間に合ったからといって、買う側ならばいくらお金や道具が準備万端だからといって「体調」を崩してしまっては元も子もありません。

冬場だと「寒さ」対策が最優先で行われると思いますが、意外と落とし穴なのが「水分補給」です。

脱水症状なんて夏場だけだなんて思うかも知れませんが、実は冬の脱水症状は気づきにくい分、危険は高いのです。

続きを読む

スタンレー専用ホルダーのようにレトロでワイルド 他の水筒でも手作り「革ホルダー」を作ってみよう!

今回は商品の紹介ではなく、オプションを自分で作ってみようという記事です。

商品としてはこんな感じの革ホルダーです。

※下の写真は楽天市場へのリンクです。

これはスタンレー専用のホルダーですが、自作するものなので、応用させればどんな水筒でも作れるでしょう。

続きを読む

コミケに持って行こう! 痛水筒から抱き水筒へ 艦これ編

夏コミも三日後に迫ってきました。

一般参加される方、準備は万全ですか? 熱中症予防のためにも水筒の持参を当サイトとしてはお勧めします。

前回の「コミケ目前、痛水筒を作ろう! ラブライブ編」が好評だったので、今回は趣向を変えて第二回痛水筒記事です。

艦これの方でもちょうど夏イベントが始まりましたので、今回のテーマはこれでいきます。

抱き水筒(島風)

耐水ラベルの耐久性等の検証については「水筒を自分好みに装飾しよう/耐水ステッカーの自作のススメ」をご覧下さい。

では、今回作成した痛水筒のお披露目です。

続きを読む

100円ショップの水筒なのに保冷力が抜群! 単純なのに抜群のアイデア力!

100円ショップの商品というと「安かろう、悪かろう」のイメージが強いかと思われます。実際、耐久性に問題があったり、食品に関してはどこか信用のおけない所で作っていたりと散々な場合があるでしょう。

でも、全ての商品がそうではありません。中には制限された材料の中で考え抜かれて作られたアイデアもあります。

今回紹介するのは、ダイソーが販売している「冷んやり水筒(400ml)」。

冷んやり水筒(カエル)

実はこの商品、単純ですがものすごく考えられた水筒なのです。

続きを読む

水筒を持ち歩くと得をする! ローソン MACHI café

最近コンビニで飲める本格的なコーヒーが流行ってますよね。

2013年にセブンイレブンが淹れたてコーヒー「セブンカフェ」を本格展開してから、一気に浸透した感じがあります。

現在のところ、ほとんどのコンビニで本格的な淹れたてコーヒーが飲めるのではないでしょうか。

そんな中、ローソンが始めたMACHI caféは他のコンビニとは違い、レジで頼んで店員さんにコーヒーを入れてもらう方式をとっています。

ローソン店頭

さて、なにか敷居が高いように思えますが、レジで頼むという行為はどのコンビニも同じです。そこで空のカップを渡されるか、コーヒーを入れたカップを渡されるかの違いでしょう。

しかも、ローソンには値引きサービスがあります。

続きを読む

コミケ目前、痛水筒を作ろう! ラブライブ編

東京ビックサイトで行われるコミックマーケット86も目前に迫ってきました。

ビックサイト

夏コミは熱中症対策が必要です。毎年何百人という(去年は2000人との噂も出たが)熱中症やそれに準じた症状の方が出ています。水分補給は欠かさないでください。

もちろん、当サイトとしては水筒をもっていくことを推奨いたします。

で、どうせ持って行くなら痛車ならぬ痛水筒を作ってみんなに自慢してはいかがでしょうか?

水筒に貼るラベルの作り方と耐久性検証は前の記事(→水筒を自分好みに装飾しよう)で紹介しておりますので、そちらも併せてご覧下さい。

続きを読む

水筒を自分好みに装飾しよう/耐水ステッカーの自作のススメ

限定販売のモデル等お洒落なデザインの水筒がありますが、手に入りにくいことが多いです。

ANA スターバックス 2014 ハンディーステンレスボトルSummer2014 Starbucks スタバ [機内販売限定品]

とはいえ、大手メーカー品の大抵のものは色が一色で無難なデザイン、逆に言えば面白みに欠けるでしょう。

では、市販のステッカー(シール)などを貼ればいい? いえ、ものによっては子どもがベタベタと考えなしに貼ったように見えてしまいます。

だったら、そのステッカー(シール)を水筒に合わせ、自分の好みに合わせて自作しましょう。

PCとプリンタ(インクジェット)があれば気軽に作成可能です。ただし、水筒ですのでいろいろと条件がありますのでご注意を

今回は水筒を自分好みに装飾するための手順を紹介します。

続きを読む